継続研修

いのちの電話は、電話を通じて直接,人々とふれあう活動です。そこに自分自身を相談員として投入するためには、己の心を広げ、感性を磨き、きちんと聴ける耳と相手をしっかり見続ける心の眼が必要です。
こうした視点から毎月1回、スーパーバイザー(臨床心理士)を囲んで「継続グループ研修(写真1)」が行われています。

さらに共通の課題について相談員全員が学ぶ「全体研修会(写真2)」を実施しています。また、全国の相談員が集う「全国研修会」や「中四国研修会」にも参加してしています。

   
写真(全体研修)
 橋本 美香(精神科医)先生の
「児童虐待について」」の研修模様