平成23年度香川いのちの電話公開講座の内容
 
 ◆演  題  笑顔がクスリ −生きるために笑いがいかに大切か−
 ◆講  師  
昇 幹夫氏(日本笑い学会副会長・産婦人科医師)
 ◆日  時  
平成24年2月18日(土)13時30分〜15時
 ◆場  所  
サンポートホール高松
 ◆参加数  
 ◆講師プロフィール


昇 幹夫(のぼりみきお)

1947年 鹿児島生まれ。九州大学医学部卒業後、麻酔科、産婦人科の専門医として82年より 大阪在住。
 高校卒業30周年 同期会で200人のうち8人の死(4人は医師)という事実にショックを受け、平成11年に 年間1000名の出産を取り扱う病院を退職。 生誕半世紀を振り返り、50代は過労死寸前の働き方をあらためることにした。
 現在、大阪市で産婦人科診療もしながら、日本笑い学会」副会長(「笑いと健康」の部門を担当)として 笑いの医学的効用を研究。
 前向きな楽しい極楽トンボの生き方が、高齢化社会をダイヤモンドエイジにする 長生きの秘訣と説き、現在は「元気で長生き研究所」所長として 全国を講演活動中の自称『健康法師』。

■講演の模様

     
 昇 幹夫先生 「あなたの笑顔が何よりクスリ」 満席の会場
     
  皆さん一緒に歌いましょう

22年度公開講座のもよう